印刷

2月の八高 家政科 課題研究発表会

こんにちは。2月の八高です。

2月9日(金)に家政科3年生による課題研究発表会が行われました。
本日はその様子をお届けします。

課題研究は、生徒自身が研究課題を設定して、課題解決を図るために調査・研究作品制作などに取り組みます。
今回の課題研究のテーマは『チョコレート~オリジナル菓子の制作~』です。
調理室で発表が行われ、約30名ほどの参加がありました。

最初に、校長先生から挨拶があり、その後、家政科長から挨拶がありました。

 

そして、発表が始まります。
最初に、「テーマ設定の理由」を発表し、「チョコレートの歴史・種類・制作過程」「テンパリングについて」の発表がありました。

テーマを設定した理由の一つとして「オリジナルの菓子を制作したい」というものがありました。
チョコレートの歴史では、「チョコレートの始まり」「どのように伝わっていったか」「バレンタインデーが定着するまで」等の発表をしました。
チョコレートの種類も豊富にあることを知ることができました。また、チョコレートの制作過程では、写真を丁寧に並べてわかりやすい説明がありました。
テンパリングとは、温度調整のことで今回のオリジナル菓子の制作にも取り入れられています。

 

そして、オリジナル菓子の制作の発表です。
オリジナルお菓子のテーマの中に「チョコレートをたくさん使ったお菓子を作りたい」「島を感じられるようなものを作りたい」というものがありました。
そこから、島の食材である「パッションフルーツジャム」を使い、チョコレートをたくさん使用する「ザッハトルテ」を制作する方向となりました。

その後、オリジナル菓子の材料や制作過程の発表があり、オリジナル菓子の試食がありました。

 

密度があり、満足感を得ることができました。また、パッションフルーツジャムとチョコレートの組み合わせが絶妙な甘さを作り上げていました。
とてもおいしく食べることができ、試食者からは笑みがこぼれていました。

 

試食後は、質問コーナーがありました。質問コーナーでは、ひとつひとつに丁寧に答えていました。
最後に、発表者本人と課題研究を担当した先生の挨拶がありました。挨拶では、課題研究や三年間の素直な気持ちを伝えていました。

課題研究発表会を成功させて終えることができました。

 

今回の発表会では家政科生徒が制作した作品も展示していました。

 

以上2月の八高でした。
本日もご覧いただきありがとうございました。
それでは、次回の更新もお楽しみに♪


 
〒100-1401 東京都八丈島八丈町大賀郷3020
電話 : 04996-2-1181 ファクシミリ : 04996-2-3738
E-mail : S1000213@section.metro.tokyo.jp