サイトマップ

印刷

生徒会リーダー研修会

基本情報

目的

・他校の生徒会活動、文化祭を実際に見学し、取り組みの内容について理解する。
・島しょ以外の高校と交流することで、他校の特色ある取り組みの中から本校でも実現可能なアイデアを検討し、生徒会や文化祭などの活性化に繋げる。
・事前・事後の相手校生徒会との情報交換を通して、文化祭をはじめ様々な学校行事に対する生徒会の関わり方、進め方を学び、本校生徒会の更なる充実化を図る。
 

平成30年度 活動報告

★生徒会役員作成の報告書は、こちらからご覧ください。

出発

 各校にお土産として、園芸科から頂いた観葉植物と黄八丈サブレを持参し、いざ東京へ!心配していた台風24号は今のところ影響はなく、無事羽田空港に到着しました。


 

9月29日(土)1日目 都立文京高校生徒自治会との交流会

 今回のリーダー研修会でメインとなるイベントが、この生徒会交流会です。全都立高校の中から4人で協議を重ね、今年度は都立文京高等学校と生徒会交流会をさせて頂くこととなりました。訪問する学校を選ぶにあたっては、1学期より時間をかけて調査を行ってきました。今回4人が考えた選抜基準として「生徒会活動が活発であること」「行事の運営に生徒会が積極的に携わっていること」を軸としました。都立文京高等学校には教員間の繋がりもなく、本当に0からのお願いでしたが、文京高校生徒自治会の方々および指導担当の土井知尋先生に快くご承諾頂き、大変お忙しい中長時間に渡りご対応頂きました。


 今年度島しょサミットで発表したデータをベースとして、八丈島や八丈高校のことを知ってもらうためにパワーポイントを準備し、発表を行いました。補足資料として学校案内や生徒会新聞も持参し、こつこつ発表の準備を重ねてきた成果を得ることができました。続いて、持参した「体育祭・八高祭紹介動画」「みんなの顔」も一部放映し、八高生徒の生き生きとした様子を伝えることもできました。また、事前にこちらからお伺いしたかった質問事項をピックアップしお送りしたところ、それらについて一つ一つ丁寧に答えて下さいました。質問内容は大きく分けて「(1)生徒自治会の活動について」「(2)文化祭の運営について」「(3)新規部活動の設立について」の3項目を、八丈高校の現状と取り組みを交えながら質問させて頂きました。


 最後に新入生歓迎会で放映した部活動案内の動画(写真同好会が作成)、公認キャラクターの紹介(文京太郎)をしていただいた上で、学校の施設案内をして頂きました。5階建ての建物内には、普通科各学年9学級が各フロアごとに所狭しと設置されており、全校生徒数が都立高校でも最大の1071名であることを体感し、圧倒されました。雨で部活動が校舎内で活動していたこともあり、一層生徒の人数に対して施設が狭く感じました。ただ、どの生徒も熱心に部活動に打ち込んでおり、文武両道を実践している姿勢が伝わってきました。
 

9月30日(日)2日目午前 都立葛飾総合高校「葛希祭」の見学

 今回のリーダー研修会でメインとなるイベントの2つ目が、文化祭の見学です。昨年度は日程の関係で私立高校2校の見学でしたが、今年度は是非都立高校の文化祭を見学したいと考えました。ただし、日程的にどうしても全日制普通科高校の見学は叶いませんでしたが、幸運にも総合学科である葛飾総合高校の葛希祭の見学をさせて頂くことができました。葛飾総合高校には昨年度まで八丈高校の副校長であった大三先生もいらっしゃることからご縁を感じて依頼をしたところ、校長先生や生徒会執行部の方々とも交流させて頂くことができました。


 校長室でご挨拶させて頂いた後、生徒会執行部の企画部屋に案内頂き、展示の説明を受けながら質疑応答を行いました。今年度の生徒会執行部は、1年間の学校行事を動画で上映しており、活気ある学校の様子を知ることができました。また、葛総に関するクイズが展示されており、問題を解くことで一層学校の事を知ることができる工夫がありました。また、学校独自のキャラクター「ガチピン」と「モック」の大きなオブジェが展示されており、八高にはそのようなオリジナルキャラクターはいないので、是非作りたい!という意欲を持ったようです。そしてお気遣い頂き、CC3食物選択の企画である「葛総オリジナルカレー」をご提供いただきました。辛さや風味が絶妙で、上に乗ったフライドオニオンがポイントになってとても美味しかったです!
 生徒会執行部への質問としては、「(1)総合学科としての入学理由や学校の特色は何か?」「(2)生徒会役員の選挙方法や引き継ぎは?」「(3)生徒会の主な活動内容は?」などが挙がりました。また、質問の跡に八丈高校についてのプレゼンテーションも簡単に発表させて頂きました。


 生徒会執行部の方々との意見交換が終わった後は、校内を見学させて頂きました。1学年はクラス展示、2・3学年は授業選択者ごとの展示や発表、吹奏楽部や文化部等の部活動の発表が主なものでした。まず1学年のクラス展示は、装飾や企画内容自体は一般的でシンプルだったものの、クラスTシャツを着た生徒が積極的に勧誘活動をしており、歩いているだけで賑やかな雰囲気でした。
 また、他の学校と最も異なる特色として、葛飾総合ではCC(選択授業)の授業ごとの展示が多数ありました。その授業を選択している生徒の授業の成果発表や、文化祭に合わせての特別企画が行われていました。例えば、保育の授業選択者が子どもの遊び場の企画を行ったり、福祉の授業選択者が地域の高齢者を招いて「つながりの会」として司会進行やゲームを行ったりと、生徒が前面に立って主体的に活躍する様子が窺えました。このように地域の方々と積極的に高校生が関わっていく機会があるのは総合学科の学習の貴重な点だと感じました。
 

9月30日(日)2日目午後 私立錦城学園高校「錦城祭」の見学

 葛飾総合高校を後にし、午後向かったのは神田にある私立錦城学園高校です。台風接近の影響もあり、14:00に一般公開終了、15:00に全発表終了に繰り上がることとなり、急いで現地に向かいました。大変お忙しそうな中、生徒会指導担当の鈴木大輔先生と生徒会長さんが迎えて下さり、運営本部へ案内して頂きました。時間が繰り上がった結果、丁度その日のメインイベントである「パフォーマンス大会」が開始される時間だったため、運営本部の生徒会=実行委員会の方々は大忙しの様子でした。そのような中でも、屋台で出店していたワッフルやかき氷、トッポギなどを振る舞って下さいました。


 その後は、役員の方にご丁寧に引率頂き、パフォーマンス大会や展示を見学させて頂きました。パフォーマンス大会は、歌や踊り、お笑いといった一芸を持った生徒がグループまたは個人でエントリーし、体育館の舞台上で制限時間内に発表の上、生徒投票で順位を決めるといったものでした。イメージ的には後夜祭に近く、司会進行や照明・音響は生徒会が務め、生徒の主体性や独創性に沿った発表となっていました。
 展示についてはシンプルな発表が多く、美術部・パソコン部といった文化部の展示の他、自転車部や野球部といった運動部の展示、クラスについては縁日や食品を扱う団体が多い印象でした。また、クラスごとにクラスTシャツを作成しており、年間を通じてこのようなイベント等で主に着用しているというのが印象的でした。


 一般公開が終わった後、生徒会長・副会長を始めとした3年生の役員の方々に、文化祭の運営や私立高校の特色について伺いました。錦城学園高校の生徒会は、一般的な生徒会組織というよりも、文化祭実行委員会の意味合いを持った組織であることが特徴的でした。会長のみ立候補して選挙をするものの、他の役員は1年生から自由に立候補して役員=文化祭実行委員になれるそうです。その為、生徒会と呼ばれるメンバーは23名にものぼり、そのメンバーで文化祭を運営するそうです。生徒会では、準備期間に物品の貸し出しを行ったり、当日の舞台イベント「ミスター&ミス錦城学園コンテスト」「パフォーマンス大会」の企画・募集・司会進行・音響照明・映像制作・投票集計などを務めたりすることで、運営に大きく携わっているというのが印象的でした。
 

おわりに

 今回お邪魔した3校は、どの学校も生徒会活動に特色があり、学校の特性に沿って様々な内容の活動を展開していました。「あの活動を八高にも取り入れたい」「こんなことなら実現できるんじゃないか」といった意見交換が活発に行われ、きっと来年以降の八高祭や生徒会活動に大きく反映されることと思います。今年度も12月の朝礼にて今回の研修会の報告を行わせて頂きます。2年生4名の見たこと、感じたこと、希望を抱いたことを発表の中で伝えてくれることと思います。台風接近で行程も変更が続き苦労もありましたが、無事全員が全ての行程を終えて充実した3日間を過ごすことができました。
 ご協力くださった3校および、担当の先生方、生徒会役員の皆様には、この場をお借りして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

〒100-1401 東京都八丈島八丈町大賀郷3020
電話 : 04996-2-1181 ファクシミリ : 04996-2-3738
E-mail : S1000213@section.metro.tokyo.jp